【平昌五輪】 来るはずのバスが来ず、日本選手団だけ氷点下14度の中40分取り残される

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 【平昌五輪】 来るはずのバスが来ず、日本選手団だけ氷点下14度の中40分取り残される

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [US]:2018/02/08(木) 20:42:27.97 ID:OOkbMx9x0

1平昌五輪にスキージャンプで出場する葛西紀明選手(45)が8日未明、自身のブログを更新し、来るはずのバスが来ず、日本選手団だけが取り残され、40分も取り残されたとトラブルをつづった。

葛西選手は同日午後のノーマルヒル予選に出場が決まったことをブログで報告した。

一方で、「練習を終えたのが(7日)22時前で、ここからなんと! ハプニング」と記し、トラブルの内容を次のように伝えた。

「22時丁度のバスが待てど暮らせど来ない! 気温はマイナス14度。他のチームはとっくの昔に帰っちゃって、日本チームだけ取り残される。しかも40分も!!」

「開会式の練習だと言い聞かせながら耐え忍んでましたが、マジでなまら寒かった」と怒りと困惑をないまぜにした心境を吐露した。

北海道出身の「レジェンド」も、さすがに平昌の寒風は堪えたとみえたが、「なんとか選手村に帰って来て、しっかりキムチとコムタンスープを食べて、今は部屋でまったりしております」と自身の健康にはトラブルがないことを書き添えた。

男子ノーマルヒルは8日に予選、10日に本戦が行われる。(WEB編集チーム)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000582-san-spo

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 【平昌五輪】 来るはずのバスが来ず、日本選手団だけ氷点下14度の中40分取り残される

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする