泰明小アルマーニ制服問題 校長「本物買えない家庭は類似品でもいいよ」

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 泰明小アルマーニ制服問題 校長「本物買えない家庭は類似品でもいいよ」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@涙目です。(大阪府) [ニダ]:2018/02/11(日) 07:01:56.45 ID:6pNiJwgL0

泰明小アルマーニ制服問題「購入無理なら類似品」
1東京・銀座の中央区立泰明小学校が、高級ブランド「アルマーニ」がデザインした約8万円の新制服導入を決め、保護者らから批判が上がっている問題で、同小の和田利次校長(62)が9日、区役所で記者会見し、新制服の導入方針を「変えるつもりはない」と表明した
(中略)

服を買える家、買えない家が出れば、経済力による児童の分断の種になりかねないが「そういうことが考えられるのは想定していた」という。一方、アルマーニとの交渉時には上限価格も提示せず、昨年11月に価格提示があった時には「高い」と思いながらも、素材の質を下げるなどの交渉もしなかった。「アルマーニさんが決めた生地ならそれがいいと思った」。

購入が難しい家庭には「入学準備金の制度や就学援助の制度を情報提供する。あとは類似品とか。解決できると思っている」。アルマーニ製の制服は「標準服」で、着用は義務ではないが、着用しない児童に対しては「嫌な思いをしたら、教員に伝えて」と指導するとともに、徐々にそろえるよう求めていくという。

https://www.nikkansports.com/m/general/nikkan/news/201802100000131_m.html?mode=all

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 泰明小アルマーニ制服問題 校長「本物買えない家庭は類似品でもいいよ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする