人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功 移植向け臓器作成に一歩前進

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功 移植向け臓器作成に一歩前進

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:岩海苔ジョニー ★:2018/02/22(木) 07:43:42.03 ID:CAP_USER9

122017年の「人間とブタのハイブリッド胎児」に続き、2例目となるヒトと動物のハイブリッド胚の作製に成功したと、米国の科学者チームが発表した。今回作製されたのは、ヒト細胞を0.01%もつヒツジの胎児だ。

4週が経過する時点まで育てられたこのヒツジの胚は、人間への移植を目的とした臓器作製に向け、一歩前進といえる成果である。

米国では臓器移植待ちリストに連なる人が10分に1人の割合で増加しており、毎日そのうち22人が亡くなっている。米国内だけでも、心臓移植を必要とする人は10万人以上にのぼるが、実際に移植を受けられるのは1年にわずか2000人だ。

こうした現状を受け、研究者らは人為的に臓器を供給できないか、様々な試みを行っている。3Dプリントで臓器を作る人もいれば、機械的な臓器の研究をする人もいる。キメラ(異なる2種の生物に由来する細胞をあわせ持つ生物)を作ろうというのもそうした試みの一つで、ブタやヒツジの体内で人間の臓器を育てる方法を模索している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00010001-nknatiogeo-sctch

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 人間と羊のハイブリッド胎児の作製に成功 移植向け臓器作成に一歩前進

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする