乗客「ブボボ」 CA「お客様!」 乗客「ブボボボボボボ」 CA「おやめ下さい!ああ、お客様!お客様!」

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 乗客「ブボボ」 CA「お客様!」 乗客「ブボボボボボボ」 CA「おやめ下さい!ああ、お客様!お客様!」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/03/03(土) 09:46:19.56 ID:ID:bu1C3zIw0●.net
乗客のオナラが臭すぎて飛行機が着陸して警察がやってくるという事案が発生

2018年2月、アラブ首長国連邦・ドバイ発オランダ・アムステルダム行きの飛行機の中で、
乗客のひとりが放屁(おなら)を止めることを拒否したため、飛行機が緊急着陸して警察まで
駆けつけるという騒動が起きました。

騒動が起きたのオランダの格安航空会社であるトランサヴィア航空の定期便内。ドバイを発ってアムステルダムへ向かっている航路で、ひとりの老紳士のおならが原因で飛行機が着陸を
予定していなかったオーストリア・ウィーンの飛行場に降りることとなり、老紳士は強制的に
飛行機から退去させられることとなりました。

報道によると、問題の老紳士の隣に座っていた2人のオランダ人男性は、しばらくの間老紳士に対して「おならをやめるように」とお願いしていたそうです。老紳士が何らかの体調の問題でおならを出し続けたのか、
周囲の人々に迷惑をかけるために出し続けたのかは不明ですが、おならは非常に臭く、
止める気配もなかったためその後乱闘騒ぎにまで発展してしまいます。

客室乗務員や操縦士の警告も虚しく、結局飛行機は緊急措置として降りる予定のなかったウィーンの飛行場に着陸することとなります。着陸の際、操縦士はオーストリア警察に「機内で騒ぎが起きている」と伝えており、飛行機が着陸したのち警察がやってきて、騒ぎの中心になったと考えられる4人が逮捕され機内から退去させられる羽目となりました。なお、逮捕され機内から退去させられたのは老紳士につっかかっていった2人のオランダ人男性と2人の若いモロッコ人女性で、老紳士ではありません。

https://gigazine.net/news/20180303-fart-bad-plane/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520037979/

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 乗客「ブボボ」 CA「お客様!」 乗客「ブボボボボボボ」 CA「おやめ下さい!ああ、お客様!お客様!」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする