耳に大ダメージ"電車でイヤホン"に要注意! → その衝撃の理由が・・・

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 耳に大ダメージ"電車でイヤホン"に要注意! → その衝撃の理由が・・・

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/03/04(日) 17:06:14
http://president.jp/articles/-/24484

「テレビもラジオも何もなかった時代の人間が1日に聞いていた音の総量や大きさと、現代とでは、かなりの違いがあります。耳に負担をかけないために1日に聞いていい音の上限は、90デシベルで59分ぐらい。たとえば新幹線の車内は80デシベルほどの音環境にあるため、出張で新幹線に1回乗るだけで、その日の上限を超えてしまいます」

(略)

「通勤電車内の騒音は、70から80デシベルぐらいとされています。そのなかで楽しく音楽を聴こうとすると、自ずとそれよりも大きい音量になります。また、耳に掛けるタイプなどゆるめのイヤホンで聴くと、電車の音が耳とイヤホンの隙間から入ってきますよね。その分、さらに音量を上げることになります。通勤中に電車内で音楽を聴いているだけで、板金工場や工事現場で働いた人と同じくらいのダメージを受けることになるのです。どうしても移動中に音楽を聴きたければ、ノイズキャンセリング機能があるものを使って耳への負担を抑えることが大切です」

引用元: http://girlschannel.net/topics/1563565

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 耳に大ダメージ"電車でイヤホン"に要注意! → その衝撃の理由が・・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする