韓国「国益最大化の方向で加盟するかどうか年内決定へ」

情報元: アルファルファ
元記事: 韓国「国益最大化の方向で加盟するかどうか年内決定へ」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

韓国は米国がTPP交渉に参加していた2013年末、追加加盟に対する関心を公式表明したが、当時既存の参加国が「早期妥結に集中」を理由に追加加盟を許さなかった。昨年1月に米国がTPPから公式離脱したが、米国が最近協定の参加に復帰する可能性が取り上げられ、韓国も加盟を再び検討する必要があるという声が出ている。

韓国産業通商資源部のカン・ソンチョン通商次官補は8日、通商推進委員会実務会議を開いて「今後政府は11カ国のTPP発効に関する動向を綿密に点検し、『通商条約の締結手続きおよび履行に関する法律』に従って国益を最大化する方向でTPPに加盟するかどうかを年内にも決める計画」と明らかにした。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://japanese.joins.com/article/372/239372.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

―― 引用ここまで ――

情報元: アルファルファ
元記事: 韓国「国益最大化の方向で加盟するかどうか年内決定へ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする