消防艇給油口に署員が誤って水、エンジン故障 修理費約2260万円を署員110人全員で弁済

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 消防艇給油口に署員が誤って水、エンジン故障 修理費約2260万円を署員110人全員で弁済

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:ばーど ★:2018/03/16(金) 21:12:03.25 ID:CAP_USER9

1堺市消防局は16日、西消防署臨海分署に配備されている消防艇「茅海ぼうかい」の給油口に署員が誤って水を入れ、エンジンを故障させたと発表した。

手洗い用の水を入れる給水口と間違えたという。「単純ミスで市民の理解を得られない」として、修理費約2260万円について、西消防署員約110人全員での弁済を検討するという。

発表によると、2月5日の始業前点検で、40歳代の男性消防士長が誤って水道ホースを給油口につなぎ、エンジンをかけたまま水約800リットルを注入。約15分後にエンジンが停止してミスに気付いた。

給水口は約1メートル離れ、蓋の色は青で、赤の給油口と目視で識別できるようになっていた。指さし確認をすることになっているが、消防士長は怠ったという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180316-OYT1T50125.html

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 消防艇給油口に署員が誤って水、エンジン故障 修理費約2260万円を署員110人全員で弁済

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする