YouTube本社乱射犯人はYouTuberだった 「閲覧30万回で報酬10円」に不満

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: YouTube本社乱射犯人はYouTuberだった 「閲覧30万回で報酬10円」に不満

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:ばーど ★:2018/04/05(木) 16:58:22.09 ID:CAP_USER9

1米西部カリフォルニア州サンブルーノにある世界最大の動画投稿サイト「ユーチューブ」の本社で3日あった乱射事件では、容疑者が女ということが話題を呼んだ。乱射事件が頻発する米国でも実行犯は大半が男だからだ。少なくとも男女3人が負傷し、女は現場で死亡した。自殺とみられる。

米国の主要メディアは容疑者は同州サンディエゴ在住のイラン系の女(39)と伝えた。ニュースの関心は女の動機に集まっているが警察は明らかにしておらず、ボーイフレンドを狙ったとの情報もあるものの、英紙デーリー・メール(電子版)などによると、女は自分で制作した映像を投稿し、閲覧数に応じて報酬を得る、いわゆる「ユーチューバー」だった。

ユーチューブが新たなポリシーや利用規約をつくり、自分の映像作品を検閲したり、差別し始めたことで、映像制作を邪魔されたり閲覧数が減ったりしたと主張。また、多くのアクセスを得ているにもかかわらず報酬が少ないことについても、SNSなどで不満を訴えていた。

女のページとみられる画像には、女の映像の閲覧数が36万回以上あるにもかかわらず、報酬が10セント(約10円)しかないことを示した上で「閲覧30万回で報酬が10セント?????」と書き込んだものも含まれていた。

https://this.kiji.is/354150190271382625

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: YouTube本社乱射犯人はYouTuberだった 「閲覧30万回で報酬10円」に不満

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする