体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@涙目です。(空) [CA]:2018/05/16(水) 13:21:58.65 ID:YNlj6I2P0

特殊な体質のおじいさん 新生児240万人を救った秘密とは?豪州
1オーストラリアの81歳の男性ジェームズ・ハリソンさんは、今月11日、人生最後の献血を行った。同国赤十字血液サービスによると、ハリソンさんは過去60年間、1100回以上の献血で、240万人以上の新生児の生命を救ってきたことから、「黄金の腕を持つ男」として尊敬を集めてきたという。

ハリソンさんがこれほど多くの赤ちゃんの生命を救えた理由は、献血への協力回数ではなく、その特殊な血液にある。ハリソンさんの血液には、妊婦のお腹のなかの赤ちゃんを守るための「抗D人免疫グロブリン」という血液製剤を作るための極めて珍しい抗体が含まれているのだ。

私たちの血液型を決定するのは、ABO式とともに、Rh式がある。Rh式はD、E、Cなど6種類の因子があり、このうち、D因子を持つ場合は「Rh(+)」、持たない場合を「Rh(-)」と区別する。日本人におけるRh(-)の割合は約200人にひとりと少ないが、白人では約15%と多い。

Rh(-)の母親が、Rh(+)の赤ちゃんを妊娠することは「Rh式血液型不適合妊娠」と呼ばれており、妊娠中や出産時に母親の血液中に赤ちゃんの血液が入ると、異物であるD因子を排除するための抗体が作られる。

次に妊娠したとき、この抗体は胎盤を通って赤ちゃんの血液に入り、D因子がある赤血球を壊してしまうため、二人目の妊娠では、流産や胎児の溶血性貧血、黄疸などの症状を引き起こすリスクが高くなる。

このため、Rh式血液型不適合妊娠の場合は、お母さんの血液に入った赤ちゃんの赤血球を排除するための抗D人免疫グロブリンを注射する必要がある。ハリソンさんには、この製剤の原料になる重要な抗体が含まれているのだという。
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24774.html

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 体内に薬の成分を持ったおじいさん。1100回の献血で240万人の新生児を救い81歳で引退へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする