江田憲司くん「加計問題、実はもう詰んでいる」 「本人自白」だけがない状況

情報元: アルファルファ
元記事: 江田憲司くん「加計問題、実はもう詰んでいる」 「本人自白」だけがない状況

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

加計問題。実はもう詰んでいるんですね。あとは「本人自白」だけがない状況。
これが裁判なら100%有罪です。証拠固めはほぼ終わっていますから。

なぜか?総理と一心同体で分身である柳瀬総理官が三回も加計関係者とこのタイミング(事業者公募の一年半以上前)で会っている。
その二か月後には、なぜか出席するはずのない特区WGに加計関係者が三人も出席し、堂々と獣医学部の必要性等々を述べている(事業者は地区選定後、公募で決定)。
にもかかわらず議事録には載せていない。
そして、その年の8月には何と担当の藤原内閣審議官がわざわざ岡山理科大と今治市に出張している。

このどこが「公正なプロセス」なんですか?「一点の曇りもない」んですか?

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
http://blogos.com/article/297250/

―― 引用ここまで ――

情報元: アルファルファ
元記事: 江田憲司くん「加計問題、実はもう詰んでいる」 「本人自白」だけがない状況

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする