【地震】気象庁「今後一週間程度は震度6弱程度の地震に注意を」

情報元: アルファルファ
元記事: 【地震】気象庁「今後一週間程度は震度6弱程度の地震に注意を」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

大阪府で震度6弱の揺れを観測した地震について、気象庁の松森敏幸地震津波監視課長は、
午前10時から記者会見を開き「揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの
危険性が高まっているおそれがあり、今後の地震活動や雨の状況に十分注意し、やむをえない
事情がないかぎり危険な場所に立ち入らないなど身の安全を図るよう心がけてほしい」と述べました。

そのうえで「過去の事例では、大地震の発生のあと、同じ程度の地震が発生した事例があり、
揺れの強かった地域では、今後1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意してほしい。
特に今後2、3日程度は、規模の大きな地震が発生することが多くあり注意してほしい」と述べました。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180618/k10011482931000.html

―― 引用ここまで ――

情報元: アルファルファ
元記事: 【地震】気象庁「今後一週間程度は震度6弱程度の地震に注意を」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする