16世紀に作られた聖ジョージ像、清掃を任された美術教師が勝手に「修復」して台無しに

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 16世紀に作られた聖ジョージ像、清掃を任された美術教師が勝手に「修復」して台無しに

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:記憶たどり。 ★:2018/06/27(水) 16:13:21.65 ID:CAP_USER9

1ペンキのひとはけが退屈なインテリアを様変わりさせることもある。しかしそれが歴史的な彫刻なら、専門家に任せるのが最善の策のようだ。

スペイン北部の教会は、16世紀に作られた木彫りの聖ジョージ像の清掃を美術教師に任せた後に、このことに気付いた。

ソーシャルメディアでシェアされている画像では、聖ジョージの彫像がピンクの顔と明るい色の鎧に変えられているのが確認できる。

スペインの美術保全教会(ACRE)は声明で、「こうした仕事に必要な訓練が恐ろしいほど欠けていることがわかる」と話した。

スペインのEFE通信によると、北部ナバラ州の町エステリャにあるこの教会の司祭は彫刻を清掃して欲しかっただけで、修復の予定はなかったと話した。

しかし地元自治体の職員は、教会側の計画を十分に知らされていなかったことについて怒りをあらわにしている。
http://www.bbc.com/japanese/44625028

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 16世紀に作られた聖ジョージ像、清掃を任された美術教師が勝手に「修復」して台無しに

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする