中国さん、超大型加速器を建設へ!事故れば地球は滅びるレベルwwwwwwww

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 中国さん、超大型加速器を建設へ!事故れば地球は滅びるレベルwwwwwwww

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/10/16(火) 13:46:53.29 ID:ID:+OEn+MI90.net
「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた「CERN」
(セルン:欧州原子核研究機構)が所有する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」。

その後継機として注目されているのが、中国が開発中の超大型加速器である。
建設開始は2021年に予定され、場所は万里の長城に近い河北省秦皇島市だという。
科学ニュース「The Daily Galaxy」(10月13日付)などによると、この加速器の周長はLHCの倍以上となる54km、その能力はLHCの7倍以上とのことだ。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18439_entry.html

政治的な意図は無視しても、これが完成すれば、中国が高エネルギー物理実験の一大拠点となることは間違いないだろう。
宇宙の始まりである“ビッグバン”や“ダークマター(暗黒物質)”の解明は今後中国が担うことになるかもしれない。

■有名物理学者が人類滅亡レベルの危険を3つ指摘
知的情報サイト「Big Think」(10月11日付)によると、世界的な天文物理学者マーティン・リーズ博士が、
LHCが引き起こす人類滅亡レベルの危険を3つ指摘しているという。

1、ブラックホール
リーズ博士がまず警告しているのは、LHCの実験により「全てを飲み込むブラックホール」が発生する恐れである。
これについては故スティーブン・ホーキング博士も警鐘を鳴らしていた。統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、
仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で
膨張することで宇宙全体が破壊されてしまうのだという。

2、超高密度圧縮
さらに、リーズ博士によればブラックホールの生成を回避できたとしても、地球が直径100mほどの「超高密度球体」に
圧縮されてしまう危険性あるという。

素粒子の1つであるクォークは、超高速で衝突し、崩壊することで、ストレンジレットと呼ばれる物質に自己生成すると
言われているが、これが実際に起こった場合、全ての物質が高圧縮され、地球そのものがサッカー場程度の大きさになる
というのだ。幸いなことにストレンジレットはまだ検出されていないが、いつ実験に成功するかも分からない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12262-105712/

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1539665213/

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 中国さん、超大型加速器を建設へ!事故れば地球は滅びるレベルwwwwwwww

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする