日本人のレーシック離れ 手術件数が45万件→5万件と激減 なぜなのか?

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 日本人のレーシック離れ 手術件数が45万件→5万件と激減 なぜなのか?

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@涙目です。(pc?)@\(^o^)/[GB]:2017/06/10(土) 23:19:57.29 ID:kLTDpOiS0●.net

1視力を矯正するレーシック手術の件数が、ピークだった2008年の45万件から14年には5万件にまで激減したとの推計を、慶応大医学部眼科学教室の根岸一乃准教授がまとめた。

米国や韓国など海外では広く普及し、国内のスポーツ選手らが手術を受けたことで日本でも一気に広まったが、患者の角膜炎集団感染などが影響したとみられる。

消費者庁が13年、レーシック経験者600人(20~60歳代、複数回答)を調査した結果、
「光がギラギラしてにじむ」(16・5%)
「ドライアイが半年以上続く」(13・8%)
などの不具合があったと発表したことも、減少に拍車を掛けたとみられる。

https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/medical/article/278572/

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 日本人のレーシック離れ 手術件数が45万件→5万件と激減 なぜなのか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする