【悲報】前澤氏のZOZO、交際発覚から半年の決算が減益

情報元: アルファルファ
元記事: 【悲報】前澤氏のZOZO、交際発覚から半年の決算が減益

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

 先月末に発表された「ZOZO」の2018年4~9月期決算では、商品取扱高が前年同期比18%増の1412億円、売上高が25・9%増の537億円と増収の一方で、営業利益は27・3%減の100億円、純利益が34・1%減の62億円の減益となる業績が示された。

 減益の要因はプライベートブランド「ZOZO(ゾゾ)」の採寸に使われる「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布や関連広告宣伝費などの増加で、39億円の営業損失を出した。決算報告会見で前沢氏は将来的なゾゾスーツの廃止を予告。代わりにこれまで蓄積した数百万着の計測データとユーザー情報を活用し、身長・体重・年齢・性別の入力で、サイズ提案が可能になる新技術を導入すると宣言した。

 だが、すべては自社ブランドである「ゾゾ」がブレークしなければ話にならない。同社は来年3月期にPB事業で200億円の売り上げ目標を掲げたが、今年7~9月は受注額15・4億円に対し、発送実績は5・4億円。200億円到達は厳しいと言わざるを得ない。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000004-tospoweb-ent

―― 引用ここまで ――

情報元: アルファルファ
元記事: 【悲報】前澤氏のZOZO、交際発覚から半年の決算が減益

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする