両腕を後ろ手にくくられた首のない男性遺体 大阪港沖で発見 事件と自殺の両面で捜査

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 両腕を後ろ手にくくられた首のない男性遺体 大阪港沖で発見 事件と自殺の両面で捜査

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:のっぺらー ★ :2017/08/03(木) 13:07:55.07 ID:CAP_USER9.net

13日午前7時45分ごろ、大阪市住之江区南港南7の沖合約1.8キロの海上で、警備艇で移動中の大阪府警大阪水上署員が、頭部がない成人とみられる男性の遺体が浮いているのを発見した。

両腕が体の後ろで、着ていた長袖シャツの袖を伸ばしてくくられた状態で、府警は事件と自殺の両面で調べている。

府警によると、首付近には船のスクリューで切断されたような痕があり、巻き込まれた可能性があるという。下半身は下着姿だった。

http://mainichi.jp/articles/20170803/k00/00e/040/212000c

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 両腕を後ろ手にくくられた首のない男性遺体 大阪港沖で発見 事件と自殺の両面で捜査

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする