毛利輝元の可哀想なエピソードで打線組んだ

情報元: VIPPERな俺
元記事: 毛利輝元の可哀想なエピソードで打線組んだ

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/18(金)08:29:01 ID:vZC
1.中 幼い頃に父親が病死。
2.遊 叔父から鉄拳制裁教育される。
3.一 朝鮮出兵で豊臣軍全体の四割に相当する兵力を出兵させられる。
4.補 関ヶ原で親類が言うことを聞かない。
5.三 関ヶ原終戦後、家康が約束破り領国180万石と石見銀山(50万石)を没収する。
6.左 大坂城を上回る1,000億円(現代換算)を掛けた広島城を完成して数年後に没収させられる。
7.二 関ヶ原終戦後、家康に出家して家政に関わらないように願い出るも許可されず。
8.右 養子の秀元が晩年言うことを聞かず御家分断寸前になる。
9.投 現代でボロクソな評価を受ける。

カアイソウ

2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/18(金)08:30:39 ID:vZC
なお、祖父はこれ以上の難関を全てクリアした模様。

3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/18(金)08:32:44 ID:4L0
や元神

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: VIPPERな俺
元記事: 毛利輝元の可哀想なエピソードで打線組んだ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする