【富岡八幡宮】 死亡した弟、犯行前に氏子らに手紙投函 「私は死後に於いても怨霊となり永遠に祟り続ける」

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 【富岡八幡宮】 死亡した弟、犯行前に氏子らに手紙投函 「私は死後に於いても怨霊となり永遠に祟り続ける」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:記憶たどり。 ★:2017/12/09(土) 17:30:55.21 ID:CAP_USER9

1

東京都江東区の富岡八幡宮で宮司の富岡長子さん(58)らが殺害された事件で、富岡さんを殺害した後に自殺した弟の元宮司、茂永容疑者(56)が事件直前に投函(とうかん)したとみられる手紙が、富岡八幡宮の氏子らに届いていたことが分かった。富岡さんへの不満などがつづられており、事件の動機を氏子らに訴える意図があったとみられる。

手紙は氏子の自宅に9日昼ごろまでに届いた。白い封筒にA4用紙8枚が入っていた。封筒の裏に「前富岡八幡宮宮司 富岡茂永」とスタンプが押されていた。

手紙は「ご関係の皆様」と始まり、「約30年に亘(わた)り続きました、富岡家の内紛について、その真相を此処(ここ)にお伝えさせて頂きます」としたうえで、富岡さんや父親(故人)らへの不満や批判が記されていた。

手紙の最後には、富岡八幡宮の関係者に対し、富岡さんの永久追放などを求め、「もし、私の要求が実行されなかった時は、私は死後に於(お)いてもこの世(富岡八幡宮)に残り、怨霊(おんりょう)となり、私の要求に異議を唱えた責任役員とその子孫を永遠に祟(たた)り続けます」などと述べていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000061-mai-soci

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: 【富岡八幡宮】 死亡した弟、犯行前に氏子らに手紙投函 「私は死後に於いても怨霊となり永遠に祟り続ける」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする