ウサマ・ビン・ラディンのPCからコナンやNARUTO、バイオハザード、FF7などが見つかる!AVも多数所持

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: ウサマ・ビン・ラディンのPCからコナンやNARUTO、バイオハザード、FF7などが見つかる!AVも多数所持

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ]:2017/12/22(金) 17:52:44.42 ID:M+IBFxF/0

19.11テロの首謀者だったウサマ・ビン・ラディンが所有していたパソコンの中に保存されていた動画やゲームデータなどが話題になっている。

11月1日、CIA(米国中央情報局)は47万件もの資料を公開した。この日公開された資料には音声ファイル、7万9000のビデオファイル、1万のアルカイダの手紙、映像、などが含まれていた。

その中でも最も多く検出されたのは動画ファイルで『名探偵コナン(有志による字幕付き)』や『トムとジェリー』による靴下を編む説明動画、そして自身のドキュメンタリー映像『ビン・ラディンを探せ!(2008)』などだった。

動画以外には『バイオハザード』、『ファイナルファンタジー7』、『デビルメイクライ』、『NARUTO』という数々のゲームや『カーズ』や『カンフーパンダ』といったアニメ、そしてスケベ映像(ほぼ日本製)などが保存されており、そのリストが公開。この日の公開された資料は228ページにも及ぶ個人的な日記まであった。

ちなみに『名探偵コナン』は全話ではなく、12話分でそのうち判明しているのは第536話の「消えた名画の秘密」というエピソード。

http://gogotsu.com/archives/35642

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: ウサマ・ビン・ラディンのPCからコナンやNARUTO、バイオハザード、FF7などが見つかる!AVも多数所持

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする