JASRAC、音楽教室の反発を批判。理事長「誰が考えてもおかしい」

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: JASRAC、音楽教室の反発を批判。理事長「誰が考えてもおかしい」

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1 名前:記憶たどり。 ★:2017/12/29(金) 16:20:59.64 ID:CAP_USER9

1日本音楽著作権協会(JASRAC、東京)が全国の音楽教室に著作権使用料の支払いを求め、教室側が反発している問題で、JASRACの浅石道夫理事長(66)が29日までに取材に応じ「教室は営利事業。利益は取った上で権利者の利益はゼロにしろという主張は誰が考えてもおかしい」と批判した。

JASRACは2月、従来は対象外としていた音楽教室から徴収を始めると表明。ヤマハ音楽振興会など全国250の教室事業者は、徴収権限がないことの確認を求め東京地裁に提訴している。

訴訟の争点は「公衆に直接聞かせる目的で演奏する権利」は著作者が持つと定めた著作権法22条の解釈にある。
https://this.kiji.is/319365387336860769?c=39546741839462401

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 痛いニュース(ノ∀`)
元記事: JASRAC、音楽教室の反発を批判。理事長「誰が考えてもおかしい」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする