【フッ素と間違えてフッ酸を・・】小児歯科医院で虫歯治療の2歳女児、2m飛びあがり死亡

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 【フッ素と間違えてフッ酸を・・】小児歯科医院で虫歯治療の2歳女児、2m飛びあがり死亡

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします NG NG BE:299336179-PLT(13500).net BE:299336179-PLT(13500).net
去年7月、福岡県内の小児歯科医院で虫歯を治療した2歳の女の子が低酸素脳症に陥り、2日後に死亡していたことが関係者への取材でわかりました。

 死亡したのは当時2歳だった山口叶愛ちゃんです。叶愛ちゃんは去年7月、福岡県内の小児歯科医院で局所麻酔を使用した虫歯の治療を受けた後、唇が紫色になり、目の焦点が合わない状態になりました。

 関係者によりますと、異変を訴える両親に対し、男性院長は「よくあることだ」と説明して、何の医療措置もとらず、
およそ45分後に両親が自力で叶愛ちゃんを近くの病院に運んだということです。叶愛ちゃんはその後、大学病院に救急搬送されましたが、低酸素脳症に陥り、2日後に亡くなりました。

 大学病院から通報を受けた警察は、業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査しています。小児歯科医院の院長は「必要な措置はとったと考えている」とコメントしています。(15日18:55)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180115-00000048-jnn-soci

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516023246

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: ニュー速クオリティ
元記事: 【フッ素と間違えてフッ酸を・・】小児歯科医院で虫歯治療の2歳女児、2m飛びあがり死亡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする