大喜利お題「こんな東京五輪は嫌だ」 AI「・・・」 →

情報元: 暇人速報
元記事: 大喜利お題「こんな東京五輪は嫌だ」 AI「・・・」 →

このページは上記記事の情報を引用して構成されています。全文を読むには、「元記事」リンクをご利用ください。

―― 以下引用 ――

1: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 14:44:52.49 ID:wILJqGz0p.net
AI「聖火の代わりに千葉を燃やす」

 対決したのは、お笑い用AI「大喜利β(ベータ)君」と、若手お笑いコンビ「ニューヨーク」の嶋佐和也(しまさ・かずや)と、屋敷裕政(やしき・ひろまさ)。審査員は、お笑い芸人の千原ジュニアと、同イベントをよしもとクリエイティブ・エージェンシーと共催したIT企業「ワークスアプリケーションズ」の牧野正幸CEOが務め、千原ジュニアが「お題」を出す役目も務めた。

 ニューヨークの2人は、千原ジュニアから「負けたらコンビ名を『ニューヨーク』から『シリコンバレー』に改名を」とプレッシャーをかけられ、AIと対戦。「こんな東京五輪はいやだ」のお題に対し、AIは「聖火の代わりに千葉燃やす」と回答し、会場に集まった約100人の観客を笑わせた。この答えには、千原ジュニアも「すごい(過激な)こと言いますね。まさに炎上や。人間なら言い出した方が燃やされますよ」と驚いた様子。ニューヨークの2人は「(テニスの)錦織選手が遅刻で失格」と答え、AIとのあまりの落差に、会場は微妙な空気に包まれていた。

 「大喜利β(ベータ)君」を開発したIT企業「わたしは」の竹之内大輔CEOによると、一つのお題に約5秒で60もの回答を出せるという。結果は5対3で、AIの勝利。お笑いの本職がAIに敗れるという失態に、嶋佐は「(人工知能ができない)顔芸を磨こうかな」とポツリ。屋敷も意気消沈していた。http://www.sankei.com/smp/economy/news/160920/ecn1609200028-s1.html

2: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 14:45:07.12 ID:VcrzPxK7r.net
おもろいやん

4: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 14:46:05.24 ID:XoOdtkX2d.net
中にオッサン入ってるやろ

6: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 14:46:36.96 ID:2Fc+QphD0.net
AIは埼玉県民

続きを読む

―― 引用ここまで ――

情報元: 暇人速報
元記事: 大喜利お題「こんな東京五輪は嫌だ」 AI「・・・」 →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする